オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • 肝機能向上や代謝向上によって体の中の脂肪を燃やす

肝機能向上や代謝向上によって体の中の脂肪を燃やす

シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントとしても販売されています。 オルチニンは成長ホルモン誘導体としても知られており、オルニチンも一緒にサプリに配合されているケースもあります。 このため筋トレをしている、筋トレやエクササイズの好きな方にもおすすめです。 健康になるのと同時に、ダイエット効果や美容効果にも期待して、オルニチンサプリを飲む女性も、ますます多くなっています。 オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールが分解され、さらに発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、理想的なアルコール処理が可能になります。 オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、当然ながらお酒を飲む前に飲むのが一番です。 遅くても酔っ払って寝てしまうまでに飲んでしまいましょう。 そうすることで、その後のアルコールの分解作業が、効率よく進むでしょう。 オルニチンは身体で生成されない成分なので食事などを通して摂る必要があります。 ただし、必要な量をすべて食事で摂取するにはかなりの食物を食べないといけません。 十分にオルチニンサイクルを活性化させるために必要とされるオルチニンには個人差がありますが、だいたい1日あたり400mgが基準です。 これをしじみに含まれるオルチニンで摂ろうとすると一日1000個以上になります。 オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、効率的にアルコールの分解や有毒物質の排出機能を高めてくれます。 このため、悪酔いを予防したり、酔いが回るのを遅くしてくれるといった効果を期待することができます。 ただ、オルチニンサプリを飲んだからといっても、調子に乗ってアルコールを摂り過ぎると、かえって肝臓の状態を悪化させかねないので注意が必要です。 オルチニンを摂る場合、だいたい1日に500mg〜1000mg程度が良いと言われています。 もちろん500mgから1000mgというのはかなりの幅ですが、これは個体差に対応するためです。 人によって身長・体重は違いますし、内臓の機能にも差があります。 ですから適正量を知るため、日々少しずつ量を変えたりして、いちばん効果のある量を見極めるのがよいでしょう。 肝臓は、全体の70〜80%が失われても、約6ヶ月で元の大きさに戻るほど再生力が高く、多少のダメージ程度では特に異常なく機能するという特徴があります。 その結果、肝臓の異変に本人がそれを自覚しないことも少なくなく、症状が現れた時はかなり病状が進んでしまっていることも多く、これが肝臓の別名、【沈黙の臓器】の由来ともなっています。 体内のオルチニンサイクルにより、アンモニアが解毒されて尿素になり、結果、肝臓に負担を掛けず尿として排出させることができるのです。 しかしオルチニンが足りないためにオルチニンサイクルが機能しなくなり、有毒なアンモニア量が多くなりオルチニンの働きが不十分な状態になってしまうと、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになります。 オルチニンサイクルだけでなく、肝臓ではTCAサイクルも行われています。 TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで働く代謝回路で、炭水化物・たんぱく質・脂質からATP(アデノシン三リン酸)を作り出すものです。 ATPというのは筋肉のエネルギー源で、生命活動の維持には絶対必要なものです。 そして、アンモニアはあろうことか、このTCAサイクルを妨害してしまうのです。 オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。 人体のタンパク質を構成しているのはアミノ酸ですが、オルチニンというのはちょっと特殊なアミノ酸で、互いに結合しない遊離アミノ酸という物質が元になっています。 遊離アミノ酸は血液の中に存在しています。 そして、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。 適量のオルチニンを摂取すれば、肝臓の機能を高め二日酔いや悪酔いを防いでくれるのです。 オルニチンに期待する効果は人によって違うでしょう。 ただ、オルニチン摂取の目的をあげるとすれば、肝機能向上・回復や代謝向上によって、体の中の脂肪を燃やすということです。 晩酌が日課になっていて、検診の数値で異状が出た方、肝機能の衰えを感じている方や、ダイエット中の女性などに、まさにピッタリだと思います。

関連記事はコチラ

メニュー