オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • オルチニンを摂る目安は?

オルチニンを摂る目安は?

オルチニンを摂る場合、目安となるのが1日につき500mg〜1000mg程度です。 500mgから1000mgというとかなりの幅だと思われそうですが、これは個体差に対応するためです。 人によって身長・体重は違いますし、胃腸の吸収能力も異なります。 自分にはどれくらいが適性なのかは、毎日少しずつ服用する量を変えたりして、自分のぴったりの服用量などを見極めるようにしてください。 肝臓は、70〜80%を切り取っても、わずか半年で正常な状態に回復するほどとても高い再生力を持っているため、少々傷ついたところで特に異常なく機能するという特徴があります。 そのため、肝臓の不調にそれに本人が気づくことが難しく、症状が現れるころには病気が進行してしまっていることも少なくないため、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。 その他にも有名なアミノ酸にシトルリンとアルギニンがあり、サプリメントとしても人気があります。 オルチニンは成長ホルモン誘導体としても知られており、他のアミノ酸とオルチニンが一緒のサプリに配合されることもあります。 筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、トレーニング好きな男性にもおすすめです。 健康維持・健康増進だけでなく、美容目的やダイエットといった効果も狙って、オルチニンサプリを摂取する方も、どんどん増えてきています。 アミノ酸の一種であるオルチニンには、肝機能をサポートする機能があります。 私たちの中にあるタンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、このオルチニンは特殊なアミノ酸で、タンパク質にならずに遊離した状態で体内の遊離アミノ酸によってできています。 遊離アミノ酸は血液の中に含まれていて、全身を巡ってさまざまな器官を正常に保つ働きをしています。 このようにオルチニンは、肝機能を向上させアルコールによる悪影響を予防する効果があるのです。 体内のオルチニンサイクルにより、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、スムーズに尿として体外に排出できます。 ただオルチニンが不足してオルニチンサイクルが十分に機能せず、アンモニアの量が多くなりオルチニンの働きが不十分な状態になってしまうと、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになります。 どんな目的でオルニチンを摂取するかは人によって違うでしょう。 ただ、一般的なオルチニン摂取の目的は、体全体の代謝力を上げることによって、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。 アルコールの過剰摂取で検診で数値が引っかかった方、肝臓が弱ってしまっている方や、脂肪を落としたい方には、まさにうってつけの成分ですね。 オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコールの分解過程で、有害なアンモニアも解毒されるため、素早いアルコール処理が可能です。 もしこの目的でオルチニンを摂取するなら、当然ながらお酒を飲む前に飲むのが一番です。 あるいは酔って眠ってしまう前には飲んでください。 そうすることで、その後のオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解が素早く行われます。 人体ではオルチニンを生成することができず外部から摂取する必要があります。 ですが食物から必要十分な量を取り入れるには膨大な量の食事が必要になります。 オルニチンサイクルを活性化させるのに必要なオルチニンの量は人によって違いますが、1日に400mgくらいが平均的な量です。 それをしじみ(オルニチン含有食物の代表格)で摂ろうとすると一日1000個以上になります。 オルニチンは肝臓の働きを助けてくれるため、お酒(アセトアルデヒド)の代謝や解毒の能力も高めてくれます。 このため、悪酔いを予防したり、酔いが回るスピードを抑えてくれる効果も期待できるでしょう。 もちろんオルチニンを摂取していても、アルコールを飲みすぎてしまうと、さらに肝臓の数値を悪化させてしまうことにもなりかねません。 肝臓の中で行われているのはオルチニンサイクルだけではなく、もうひとつのサイクル、TCAサイクルも行われます。 これは、肝細胞内のミトコンドリアで機能している代謝回路で、タンパク質のほか、脂質や炭水化物からATPを生成するものです。 ATPは筋肉などを動かすエネルギーで、生命活動には欠かせないものです。 そして、アンモニアはあろうことか、このTCAサイクルを阻害することがわかっています。

関連記事はコチラ

メニュー