オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • 肝臓ではオルニチンサイクルの他にTCAサイクルと呼ばれるものもあります

肝臓ではオルニチンサイクルの他にTCAサイクルと呼ばれるものもあります

肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルと呼ばれるものもありますすることです。 アミノ酸はタンパク質のもととなっている物質です。 オルチニンは少し変わっていて、互いに結合しない遊離アミノ酸という物質が元になっています。 遊離アミノ酸は血液の中に存在しています。 そして、血管を通って体内の各器官に届けられ、それらの働きを助けています。 適量のオルチニンを摂取すれば、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを予防する効果があるのです。 オルチニンには適性な摂取量があり、だいたい1日に500mg〜1000mg程度が良いと言われています。 500mgから1000mgでは幅があり過ぎると感じるかもしれませんが、個体差といって、ひとそれぞれ身長も体重も違いますし、胃腸にも同じように差があります。 自分の適正量を知るには、日々少しずつ量を変えたりして、いちばん効果のある量を見つけるのが良いでしょう。 シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、ドラッグストアでもサプリメントを見かけます。 オルニチンは成長ホルモン誘導体とも呼ばれ、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。 筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、運動好きの男性・女性にもおすすめできます。 健康のためだけではなく、ダイエット効果や美容効果にも期待して、オルニチンサプリを飲む女性も、どんどん増えてきています。 オルチニンは人間の体内では生成されませんから、外部から摂取する必要があります。 ですが食物から必要十分な量を摂取しようとすると大変な量を食べないといけなくなります。 オルチニンサイクルを十分に機能させるために必要とされるオルチニンには個人差がありますが、だいたい1日あたり400mgが基準です。 しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。 オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、体内のアルコールが分解される過程で、有害なアンモニアが解毒されるため、アルコールを効果的に処理することができます。 この効果を期待してオルチニンサプリを飲むなら、もちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。 少なくともお酒が進みすぎる前には飲んでください。 そうすれば睡眠中にアルコール処理が、速やかに行われるでしょう。 肝臓という臓器は、70〜80%近くが切り取られても、約6ヶ月で元通りに回復してしまうほどとても高い再生力を持っているため、少々痛めつけられたとしても特に問題なく働き続けます。 その結果、肝臓の異変に本人がなかなか気付けない場合が多いことから、外部から症状に気づくころにはかなり病変が進んで手遅れになっていることも多く、これこそが肝臓が・沈黙の臓器・と呼ばれる所以ともなっています。 オルチニンの主な効果は肝機能のサポートなので、アルコールの効率的な代謝や有毒物質の排出機能を高めてくれます。 結果、二日酔いを予防したり、酔いが回るスピードを抑えてくれる効果も求めることが可能です。 もちろん、いくらオルチニンサプリを飲んでいても、飲み過ぎてしまうと、いままで以上に肝臓の数値を悪化させてしまうことにもなりかねません。 オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージは皆が同じとは限りません。 でも、一般的なオルチニン摂取の目的は、身体本来の回復力や代謝力を強化して、脂肪を燃やすということです。 お酒の飲みすぎなどで、検診で数値が引っかかった方、肝臓が弱ってしまっている方や、ダイエット進行中の女性には、ピッタリの成分といえますね。 肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルも行われています。 TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで機能していて、タンパク質のほか、脂質や炭水化物からATPという物質を創り出します。 人間の筋肉はこのATPによって動いていて、生命活動の維持には絶対必要なものです。 アンモニアはこのTCAサイクルを妨げることがわかっています。 オルチニンサイクルが起きる結果、アンモニアの解毒と尿素への変換が行われて、スムーズに尿として出すことができるのです。 ただし、オルチニン不足によって十分にオルチニンサイクルが働かず、有毒なアンモニア量が多くなりオルチニンの効果が十分に追いつかなくなると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。

関連記事はコチラ

メニュー