オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • 肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルと呼ばれるものもあります

肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルと呼ばれるものもあります

肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルと呼ばれるものもあります。 このTCAサイクルは肝臓内の細胞の中で働いている代謝回路で、脂質、炭水化物、およびたんぱく質からATP(アデノシン三リン酸)を生成します。 人間の筋肉はこのATPによって動いていて、まさに人間の命を支えている物質です。 そしてアンモニアは、この重要なTACサイクルを阻害することがわかっています。 シトルリンとアルギニンもオルニチンと並ぶアミノ酸の一種で、ドラッグストアでもサプリメントを見かけます。 オルチニンは成長ホルモンの分泌を促すことでも知られていて、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。 筋トレで筋肉増強・筋力アップしたい、トレーニング好きな男性にもおすすめです。 健康のためだけではなく、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、オルチニンサプリを摂取する方も、ますます多くなっています。 効果的にオルチニンを摂取する場合、基準となるのはだいたい1日あたり500mg〜1000mg程度となります。 もちろん500mgから1000mgというのはかなりの幅ですが、個体差といって、人は身長も違えば体重も異なり、内臓の処理能力も異なります。 自分に合った量を知るには、日々少しずつ量を変えたりして、ちょうど良い量やタイミングを見つけるのが良いでしょう。 オルチニンサイクルの効果として、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、腎臓は負担なく簡単に尿として出してしまうことができます。 ただし、オルチニン不足によって十分なオルチニンサイクルが起きず。 有毒なアンモニアが増加してオルチニンの働きが追いつかなくなると、腎臓・肝臓がアンモニアを解毒するため、かなりの負担がかかってきます。 肝臓は、全体の70〜80%が失われても、半年後には元の大きさに戻っているほどとても高い再生力を持っているため、少々痛めつけられたとしてもこれといった異状もなく機能し続けます。 一方で、肝臓が不調でも本人に自覚症状が現れないことも多く、外部から症状に気づくころにはかなり病変が進んで手遅れになっていることも多く、これこそが肝臓が・沈黙の臓器・と呼ばれる所以ともなっています。 肝臓の働きを補助してくれるアミノ酸が、オルチニンです。 アミノ酸はタンパク質を構成している物質で、オルチニンは少し変わっていて、浮遊したまま結合しない遊離アミノ酸が元になっています。 遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、血管を通って体内の各器官に届けられ、それらの働きを助けています。 こうして体内に取り込まれたオルチニンは、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを予防してくれるのです。 オルニチンを摂取する目的は、人によってバラバラですが、一般的なオルチニン摂取の目的は、身体本来の回復力や代謝力を強化して、脂肪を燃やすということです。 晩酌が日課になっていて、検査の数字が悪い方、肝機能の衰えを感じている方や、スッキリと痩せたい方などには、最高の成分だと言えるでしょう。 オルニチンは身体で生成されない成分なので食事などを通して摂る必要があります。 しかし、十分なオルチニンを食事によって摂取するにはかなりの食物を食べないといけません。 オルニチンサイクルを活性化させるのに必要なオルチニンの量は人によって違いますが、だいたい1日あたり400mgが基準です。 しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを摂るには、1000個以上のしじみが必要になります。 オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコールの分解過程で、アンモニアも一緒に解毒されるため、理想的なアルコール処理が可能になります。 オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、お酒より先にサプリを飲むようにしましょう。 最悪、酔いつぶれる前には飲んでください。 その後は眠っている間にもアルコールの分解作業が、滞りなく速やかに進みます。 オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、アセトアルデヒドの分解やデトックス能力も高まります。 このため、悪酔い・二日酔いの予防や、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も求めることが可能です。 ただ、オルチニンサプリを定期的に飲んでいても、調子に乗ってお酒を飲みすぎてしまうと、逆に肝臓の機能を悪化させかねないので注意が必要です。

関連記事はコチラ

メニュー