オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸

シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸

シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントとしても販売されています。 オルチニンは成長ホルモン誘導体としても知られており、オルニチンも一緒にサプリに配合されているケースもあります。 筋肉の量を増やしたり筋力を高めたい、筋トレ好きな方にもピッタリです。 健康になるのと同時に、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、オルチニンのサプリメントを飲む方も、最近では増えているようです。 オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージは人によって違うでしょう。 ただ、一般的なオルチニン摂取の目的は、肝機能向上・回復や代謝向上によって、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。 お酒の飲みすぎなどで、検診の数値で異状が出た方、肝臓の働きが弱っている方や、スッキリと痩せたい方などには、最適の成分ではないでしょうか。 オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、アルコールの効率的な代謝やデトックス能力も高まります。 このため、悪酔いを予防したり、酔いが回るスピードを抑えてくれる効果も期待できます。 ただ、オルチニンサプリを飲んだからといっても、あんまりお酒を飲みすぎると、これまでよりも肝臓の状態を悪化させかねないので注意が必要です。 オルチニンには適性な摂取量があり、目安としては1日につき500mg〜1000mg程度が良いとされています。 もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、個体差を考えると不思議はありません。 ひとそれぞれ身長も体重も違いますし、内臓の処理能力も異なります。 ですから適正量を知るため、少しずつ量を変えて服用しながら、自分のぴったりの服用量などを見極めるのがよいでしょう。 オルチニンは体内で作ることのできない物質なので外部から取り込まなくてはなりません。 ですが食物から必要十分な量を取り入れるには大変な量を食べないといけなくなります。 十分なオルチニンサイクルの活性化に必須のオルチニン量は個人差がありますが、おおむね1日に400mg程度と言われています。 ちなみにオルチニンが豊富なしじみによってそれを補おうとすると、1000個以上のしじみが必要です。 オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールが分解され、さらに有毒なアンモニアの解毒作用も発動するため、アルコール処理には抜群の効果を発揮します。 オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、お酒より先にサプリを飲むようにしましょう。 最悪、酔いつぶれる前には飲んでください。 そうすることで、その後のアルコールの分解作業が、速やかに行われるでしょう。 肝臓の中で行われているのはオルチニンサイクルだけではなく、TCAサイクルも行われています。 TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで機能している代謝回路で、炭水化物に加えて、脂質やたんぱく質からATP(アデノシン三リン酸)を作り出すものです。 人間の筋肉はこのATPによって動いていて、生命活動には欠かせないものです。 アンモニアはこのTCAサイクルを妨害することがわかっています。 オルチニンサイクルの効果として、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として出すことができるのです。 しかしオルチニンが足りないためにオルチニンサイクルが機能しなくなり、アンモニアが増えてしまってオルチニンによる肝臓の補助が追いつかなくなると、腎臓・肝臓がアンモニアを解毒するため、かなりの負担がかかってきます。 肝臓は、全体の70〜80%が失われても、約6ヶ月で元通りに回復してしまうほど再生能力が強いため、多少のダメージ程度では特に問題なく働き続けます。 このため肝臓のダメージに本人がそれを自覚しないことも少なくなく、症状が現れるころには病気が進行してしまっていることも少なくないため、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。 アミノ酸の一種であるオルチニンの主な効果は、肝臓の働きを補助することです。 私たちの中にあるタンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、そのアミノ酸の中でもオルチニンは特殊で浮遊したままタンパク質にならない体内に存在する遊離アミノ酸からできています。 遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、血管を通って体内の各器官に届けられ、それらの働きを助けています。 ですからオルチニンを取り入れれば、肝臓を正常な状態に保ち、二日酔いや悪酔いを防いでくれるのです。

関連記事はコチラ

メニュー