オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • オルチニンサイクルだけでなく肝臓では

オルチニンサイクルだけでなく肝臓では

オルチニンサイクルだけでなく、肝臓ではもうひとつ、TCAサイクルと呼ばれるものも行われます。 このTCAサイクルは肝臓内の細胞の中で機能している代謝回路で、脂質、炭水化物、およびたんぱく質からATPという物質を創り出します。 ATPというのは筋肉のエネルギー源で、生命活動には欠かせないものです。 そしてアンモニアは、この重要なTACサイクルを妨げることがわかっています。 オルチニンサイクルの効果として、アンモニアが解毒されて尿素になり、尿というかたちで体外に排出できます。 しかし、オルニチンが不足し十分なオルチニンサイクルが起きず。 アンモニアがどんどん増え、オルチニンの働きが十分に追いつかなくなると、腎臓・肝臓がアンモニアを解毒するため、かなりの負担がかかってきます。 オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージは人によってバラバラですが、多くの人に知られているオルニチンの効果は、身体本来の回復力や代謝力を強化して、脂肪を燃焼させるということです。 お酒を頻繁に飲んでいて数値が悪くなっている方、肝機能の衰えを感じている方や、脂肪を燃やしたいダイエット中の方には、最高の成分だと言えるでしょう。 オルチニンは人間の体内では生成されませんから、外から取り入れなくてはなりません。 とはいえ食事を通して必要な量を摂取するには膨大な量の食事が必要になります。 オルチニンサイクルを十分に機能させるために必須となるオルチニンは人それぞれですが、おおむね1日に400mg程度と言われています。 しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。 オルチニンの主な効果は肝機能のサポートなので、効率的にアルコールの分解や有毒物質の排出機能を高めてくれます。 このため、悪酔い・二日酔いの予防や、酔いが回る勢いを抑えてくれる効果も期待できるでしょう。 ただ、オルチニンサプリを定期的に飲んでいても、アルコールを飲みすぎてしまうと、逆に肝臓の機能を悪化させかねないので注意が必要です。 その他にも有名なアミノ酸にシトルリンとアルギニンがあり、サプリメントも人気があります。 オルニチンは成長ホルモン誘導体とも呼ばれ、オルニチンも一緒にサプリに配合されているケースもあります。 このため筋トレをしている、筋トレ好きな方にもピッタリです。 健康の維持や増進に加えて、ダイエット効果や美容効果にも期待して、オルチニンのサプリメントを飲む方も、最近では増えているようです。 肝臓内でオルニチンサイクルという機能を形成し、アルコールの分解と同時に、有害なアンモニアも解毒されるため、抜群のアルコール処理効果を期待できます。 この目的でオルニチンサプリメントを飲むならば、当然ながらお酒を飲む前に飲むのが一番です。 遅くても酔っ払って寝てしまうまでに飲んでしまいましょう。 そうすることで、その後のアルコール処理が、速やかに行われるでしょう。 肝臓は、70〜80%を切り取っても、半年後には元の大きさに戻っているほど再生能力が強いため、少々痛めつけられたとしても特に問題なく働き続けます。 ただ、このせいで肝臓の異変に本人がそれを自覚しないことも少なくなく、症状が現れるころには病気が進んでしまっていることも多く、このため肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれてもいるのです。 オルチニンを摂る場合、だいたい1日に500mg〜1000mg程度が良いと言われています。 もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、人には個体差があります。 人は身長も違えば体重も異なり、胃腸の吸収能力も異なります。 適正量を知るためには、摂取量を日少しずつずらしながら、自分のぴったりの服用量などを見計らっていくのが良いでしょう。 肝臓の働きを補助してくれるアミノ酸が、オルチニンです。 アミノ酸はタンパク質のもととなっている物質です。 このオルチニンは特殊なアミノ酸で、タンパク質にならずに遊離した状態で遊離アミノ酸が元になっています。 遊離アミノ酸は血液中に存在し、血管を通って体内の各器官に届けられ、それらの働きを助けています。 このようにオルチニンは、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを防いでくれるのです。

関連記事はコチラ

メニュー