オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • 肝臓の異変にそれに本人が気づくことが難しい

肝臓の異変にそれに本人が気づくことが難しい

肝臓は、全体の70〜80%が失われても、約6ヶ月で元の大きさに戻るほど回復力が強いため、少々傷ついたところで機能に問題が起きにくいという特徴があります。 その結果、肝臓の異変にそれに本人が気づくことが難しく、外部から症状に気づくころにはかなり病変が進行してしまっていることも少なくないため、このため肝臓は『沈黙の臓器』と呼ばれてもいるのです。 シトルリンとアルギニンもオルニチンと並ぶアミノ酸の一種で、サプリメントとしても人気があります。 オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、他のアミノ酸と一緒にオルチニンがサプリメントに配合されることもあります。 筋肉や筋力をアップさせたい、トレーニング中の方にも有効です。 健康のためだけではなく、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、どんどん増えてきています。 オルニチンサイクルによって、有毒なアンモニアが無毒な尿素に変換され、腎臓は負担なく簡単に尿として出してしまうことができます。 しかしオルチニンが足りないためにオルニチンサイクルが十分に機能せず、アンモニアが増えてしまってオルチニンによる肝臓の補助が追いつかなくなると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。 オルチニンサイクルだけでなく、肝臓ではTCAサイクルと呼ばれるものもあります。 これは肝細胞の中にあるミトコンドリアで働く代謝回路で、炭水化物に加えて、脂質やたんぱく質からATPを作り出す働きがあります。 ATPは筋肉などを動かすエネルギーで、まさに命を支える物資といえます。 アンモニアというのは、このTCAサイクルを妨害することがわかっています。 オルニチンをどれくらい摂取して良いか、基準となるのはだいたい1日あたり500mg〜1000mg程度となります。 もちろん500mgから1000mgというのはかなりの幅ですが、個体差といって、ひとりひとり身体の大きさは異なりますし、胃腸にも同じように差があります。 自分の適正量を知るには、服用する量を_日変えながら、自分にあった適量と飲むタイミングを見極めるのがよいでしょう。 肝臓内でオルニチンサイクルという機能を形成し、アルコールの分解と同時に、有害なアンモニアが解毒されるため、アルコール処理には抜群の効果を発揮します。 オルチニンサプリにこの効果を期待するなら、当然、お酒を飲む前にサプリを飲んだほうが良いでしょう。 あるいは酔って眠ってしまう前には飲んでください。 その後は眠っている間にもオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解がスムーズに進みます。 アミノ酸の一種であるオルチニンには、肝機能をサポートする機能があります。 本来アミノ酸というのは、タンパク質の元になる物質です。 このオルチニンは特殊なアミノ酸で、浮遊したままタンパク質にならない遊離アミノ酸が元になっています。 この遊離アミノ酸というのは血液中にあるアミノ酸です。 そして、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。 ですからオルチニンを取り入れれば、肝臓の機能を高め二日酔いや悪酔いを防いでくれるのです。 身体の中ではオルチニンは作られないため外部から摂取する必要があります。 とはいえ食事を通して必要な量を摂ろうとすると大変な量を食べないといけなくなります。 十分にオルチニンサイクルを活性化させるために必須となるオルチニンは人それぞれですが、1日に400mgくらいが平均的な量です。 ちなみにオルチニンが豊富なしじみによってそれを摂る場合、しじみ1000個以上が必要になるでしょう。 オルニチンに期待する効果は人によってバラバラですが、オルニチンの効果としてよく知られているのは、肝機能を上げて回復力を高めることにより、脂肪を燃焼させるということです。 晩酌が日課になっていて、数値が悪くなっている方、肝臓が弱ってしまっている方や、ダイエット進行中の女性には、最適の成分ではないでしょうか。 肝機能を向上させるのもオルチニンの効能なので、お酒(アセトアルデヒド)の代謝やデトックス能力も高まります。 そのため、二日酔いの予防や、酔いが回るスピードを抑えてくれる効果も期待できます。 ただ、オルチニンサプリを定期的に飲んでいても、調子に乗ってアルコールを摂り過ぎると、かえって肝臓の状態を悪化させてしまうことにもなりかねません。

関連記事はコチラ

メニュー