オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると

オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると

オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、体内のアルコールが分解される過程で、発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、アルコールを効果的に処理することができます。 もしこの目的でオルチニンを摂取するなら、もちろんお酒の前にサプリを飲むべきです。 あるいは酔って眠ってしまう前には飲んでください。 その後は、寝ている間にアルコール分解が、滞りなく速やかに進みます。 アミノ酸の一種であるオルチニンには、肝機能をサポートする機能があります。 本来アミノ酸というのは、タンパク質の元になる物質です。 オルニチンはアミノ酸でも特殊でタンパク質にならずに遊離した状態で遊離アミノ酸という物質が元になっています。 遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、血管を通って体内の各器官に届けられ、それらの働きを助けています。 オルニチンを補給することで、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを防いでくれる効果があるのです。 肝臓という臓器は、70〜80%近くが切り取られても、わずか半年で正常な状態に回復するほど再生力が高く、少々傷ついたところでこれといった異状もなく機能し続けます。 ただ、このせいで肝臓の異変にそれに本人が気づくことが難しく、症状が現れた時はかなり病状が進んで手遅れになっていることも多く、これこそが肝臓が・沈黙の臓器・と呼ばれる所以ともなっています。 他にも、シトルリンとアルギニンというアミノ酸もあり、人気のサプリメントにもなっています。 オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、オルチニンと他のアミノ酸を同じサプリに配合することもあります。 このため筋トレをしている、運動好きの男性・女性にもおすすめできます。 ただ健康になるためだけではなく、美容のため、ダイエットのために、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、ますます多くなっています。 体内でオルチニンサイクルが起きると、アンモニアは尿素に変えられて、尿というかたちで排出させることができるのです。 一方オルチニンが足りなくなってオルニチンサイクルが十分に機能せず、有毒なアンモニアが増加してオルチニンの効果が追いつかなかったりすると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。 効果的にオルチニンを摂取する場合、目安としては1日につき500mg〜1000mg程度が良いとされています。 もちろん500mgから1000mgというのはかなりの幅ですが、個体差を考えると不思議はありません。 ひとそれぞれ身長も体重も違いますし、胃腸にも同じように差があります。 自分に合った量を知るには、服用する量を_日変えながら、自分のぴったりの服用量などを見つけるのが良いでしょう。 オルチニンは体内で作ることのできない物質なので食事などを通して摂る必要があります。 ですが食物から必要十分な量を摂ろうとすると大変な量を食べないといけなくなります。 オルチニンサイクルの活性化のために必須となるオルチニンは人それぞれですが、だいたい1日あたり400mgが基準です。 これをしじみに含まれるオルチニンで補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。 オルニチンに期待する効果は人によって違うでしょう。 ただ、多くの人に知られているオルニチンの効果は、肝機能向上・回復や代謝向上によって、脂肪を燃焼させるということです。 晩酌が日課になっていて、検査の数字が悪い方、肝臓の働きが弱っている方や、ダイエット中の女性などに、まさにうってつけの成分ですね。 肝臓が働きやすくなるのもオルチニンの効果で、お酒(アセトアルデヒド)の代謝や解毒の能力も高めてくれます。 結果、二日酔いを予防したり、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も求めることが可能です。 もちろん、いくらオルチニンサプリを飲んでいても、あんまりお酒を飲みすぎると、逆に肝臓の機能を悪くさせてしまうかもしれません。 肝臓ではオルチニンサイクルだけでなく、もうひとつ、TCAサイクルと呼ばれるものも行われます。 TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで行われる代謝回路で、タンパク質のほか、脂質や炭水化物からATPという物質を創り出します。 人間の筋肉はこのATPによって動いていて、生命活動には欠かせないものです。 アンモニアというのは、このTCAサイクルを妨害してしまうのです。

関連記事はコチラ

メニュー