オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • なんのためにオルニチンを摂るかは人それぞれ

なんのためにオルニチンを摂るかは人それぞれ

なんのためにオルニチンを摂るかは人それぞれだとは思いますが、一般的なオルチニン摂取の目的は、体全体の代謝力を上げることによって、体内に溜まった脂肪を燃焼させることです。 アルコールの過剰摂取で検診の数値で異状が出た方、肝機能の衰えを感じている方や、スッキリと痩せたい方などには、まさにうってつけの成分ですね。 オルニチンは肝臓の働きを助けてくれるため、アルコールの効率的な代謝や有害物質を排除する能力が高まります。 このため、悪酔いを予防したり、酔いが回る勢いを抑えてくれる効果も求めることが可能です。 オルニチンサプリを飲んでいるからといって、調子に乗ってアルコールを摂り過ぎると、これまでよりも肝臓の状態を悪くさせることになりますから注意してください。 オルチニンを摂る場合、目安となるのが1日につき500mg〜1000mg程度です。 もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、人には個体差があります。 人によって身長・体重は違いますし、胃腸の吸収能力も異なります。 適正量を知るためには、服用する量を_日変えながら、いちばん効果のある量を見極めるようにしてください。 オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解と同時に、有害なアンモニアも解毒されるため、抜群のアルコール処理効果を期待できます。 オルチニンサプリにこの効果を期待するなら、もちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。 最悪、酔いつぶれる前には飲んでください。 その後は眠っている間にもアルコールの処理作業が、滞りなく速やかに進みます。 肝臓は、全体の70〜80%が失われても、半年後には元の大きさに戻っているほどとても高い再生力を持っているため、少々痛めつけられたとしてもこれといった異状もなく機能し続けます。 そのため、肝臓の不調にそれに本人が気づくことが難しく、症状が外部に出るころにはすでに病状が進んで手遅れになっていることも多く、このため肝臓のことを「沈黙の臓器」と呼ぶことがあるのです。 体内でオルチニンサイクルが起きると、アンモニアは尿素に変えられて、スムーズに尿として体外に排出できます。 一方オルチニンが足りなくなって十分にオルチニンサイクルが働かず、有毒なアンモニア量が多くなりオルチニンによる肝臓の補助が不十分になってくると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。 オルチニンというのはアミノ酸の一種で、肝機能を補助する働きがあります。 人体のタンパク質を構成しているのはアミノ酸ですが、そのアミノ酸の中でもオルチニンは特殊で互いに結合しない遊離アミノ酸が元になっています。 遊離アミノ酸は血液中に存在し、全身を巡ってさまざまな器官を正常に保つ働きをしています。 このようにオルチニンは、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを予防する効果があるのです。 シトルリンとアルギニンはどちらもアミノ酸の1種であり、サプリメントも人気があります。 オルチニンは成長ホルモンの分泌を促すことでも知られていて、オルニチンも一緒にサプリに配合されているケースもあります。 筋肉や筋力をアップさせたい、筋トレ好きな方にもピッタリです。 健康のためだけではなく、ダイエット効果や美容効果にも期待して、オルチニンのサプリメントを飲む方も、このところ多いようです。 オルチニンサイクルの他にも、肝臓の中ではもうひとつ、TCAサイクルと呼ばれるものも行われます。 これは肝細胞の中にあるミトコンドリアで機能していて、炭水化物に加えて、脂質やたんぱく質からATPという物質を創り出します。 ATPは筋肉などを動かすエネルギーで、生命活動の維持には絶対必要なものです。 アンモニアの機能は、このTCAサイクルを阻害してしまうのです。 オルチニンは人間の体内では生成されませんから、外から取り入れなくてはなりません。 とはいえ食事を通して必要な量を摂るには食事の量を相当増やさないといけません。 オルチニンサイクルの活性化のために必要な量は個人差がありますが、目安は1日あたり400mgくらいです。 それをしじみ(オルニチン含有食物の代表格)で補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。

関連記事はコチラ

メニュー