オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • オルニチンと聞いてどんな思い浮かべる

オルニチンと聞いてどんな思い浮かべる

オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージは皆が同じとは限りません。 でも、オルニチン摂取の目的をあげるとすれば、肝機能向上・回復や代謝向上によって、体脂肪を燃焼させるということです。 晩酌が日課になっていて、肝臓の数値の悪い方、肝機能低下している方や、スッキリと痩せたい方などには、最高の成分だと言えるでしょう。 体内でオルチニンサイクルが起きると、毒性のあるアンモニアが無毒な尿素になり、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として出すことができるのです。 ただし、オルチニン不足によってオルチニンサイクルが働かず、アンモニアがどんどん増え、オルニチンによる処理が追いつかなかったりすると、アンモニアを処理するために腎臓や肝臓に負担がかかってきます。 肝臓は、70〜80%を切り取っても、約6ヶ月で元通りに回復してしまうほどとても高い再生力を持っているため、ある程度のダメージを与えられても特に問題なく働き続けます。 一方で、肝臓が不調でも本人がなかなか気付けない場合が多いことから、外部から症状に気づくころにはかなり病変が進んで手遅れになっていることも多く、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。 オルチニンというのはアミノ酸の一種で、肝機能を補助する働きがあります。 私たちの中にあるタンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、オルチニンは少し変わっていて、互いに結合しない体内の遊離アミノ酸によってできています。 遊離アミノ酸は血液中を漂っていて、全身を巡ってさまざまな器官を正常に保つ働きをしています。 こうして体内に取り込まれたオルチニンは、肝臓の機能を高め二日酔いや悪酔いを予防する効果があるのです。 オルニチンは身体で生成されない成分なので外から取り入れなくてはなりません。 ただし、必要な量をすべて食事で摂取しようとすると相当な食事量が必要です。 十分なオルチニンサイクルの活性化に必要とされるオルチニンには個人差がありますが、一日400mgくらいです。 しじみ(オルチニンが豊富に含まれる)でそれを補おうとすると、1000個以上のしじみが必要です。 オルチニンサイクルの他にも、肝臓の中ではもうひとつのサイクル、TCAサイクルも行われます。 これは肝細胞の中にあるミトコンドリアで行われる代謝回路で、炭水化物・たんぱく質・脂質からATPを作り出す働きがあります。 ATPは筋肉などを動かすエネルギーで、人間の生命活動には欠かすことができません。 そしてアンモニアは、この重要なTACサイクルを妨げることがわかっています。 他にも、シトルリンとアルギニンというアミノ酸もあり、サプリメントとしても人気があります。 オルチニンは成長ホルモンの分泌を促すことでも知られていて、オルニチンも一緒にサプリに配合されているケースもあります。 筋肉や筋力をアップさせたい、筋トレ好きな方にもピッタリです。 健康維持・健康増進だけでなく、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、オルニチンサプリを飲む女性も、このところ多いようです。 オルチニンの摂取量については、その目安は1日あたり500mgから1000mgほどと言われています。 もちろん500mgから1000mgというのはかなりの幅ですが、個体差を考えると不思議はありません。 人は身長も違えば体重も異なり、胃腸にも同じように差があります。 自分の適正量を知るには、日々少しずつ量を変えたりして、自分のぴったりの服用量などを見極めるようにしてください。 オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコールが分解され、さらに発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、抜群のアルコール処理効果を期待できます。 オルチニンサプリにこの効果を期待するなら、もちろんお酒の前にサプリを飲むべきです。 最悪、酔いつぶれる前には飲んでください。 後は眠っている間にアルコールの処理作業が、効率よく進むでしょう。 肝機能を向上させるのもオルチニンの効能なので、お酒(アセトアルデヒド)の代謝や有害物質を排除する能力が高まります。 このため、悪酔いを予防したり、酔いが回るのを遅くしてくれるといった効果を求めることが可能です。 オルニチンサプリを飲んでいるからといって、アルコールを飲みすぎてしまうと、逆に肝臓の機能を悪くさせることになりますから注意してください。

関連記事はコチラ

メニュー