オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生

オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生

オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、アルコールの分解過程で、アンモニアも一緒に解毒されるため、アルコールを効果的に処理することができます。 もしこの目的でオルチニンを摂取するなら、当然ながらお酒を飲む前に飲むのが一番です。 あるいは酔って眠ってしまう前には飲んでください。 その後は眠っている間にもアルコールの分解作業が、スムーズに進みます。 肝臓の中で行われているのはオルチニンサイクルだけではなく、もうひとつのサイクル、TCAサイクルも行われます。 このもうひとつのサイクルは肝細胞の中で機能していて、炭水化物・たんぱく質・脂質からATP(アデノシン三リン酸)を生成します。 人間の筋肉はこのATPによって動いていて、まさに人間の命を支えている物質です。 アンモニアはこのTCAサイクルを阻害してしまうのです。 オルチニンには適性な摂取量があり、その目安は1日あたり500mgから1000mgほどと言われています。 もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、これは個体差に対応するためです。 ひとそれぞれ身長も体重も違いますし、胃腸の機能にも差があります。 自分にはどれくらいが適性なのかは、摂取量を日少しずつずらしながら、効果のある量や服用のタイミングを見極めるのがよいでしょう。 身体の中ではオルチニンは作られないため食物等から取り入れなくてはなりません。 しかし、十分なオルチニンを食事によって取り入れるにはかなりの食物を食べないといけません。 オルチニンサイクルを十分に機能させるために必須となるオルチニンは人それぞれですが、目安は1日あたり400mgくらいです。 ちなみにオルチニンが豊富なしじみによってそれを補おうとすると、1000個以上のしじみが必要です。 オルチニンサイクルが起きる結果、有毒なアンモニアが無毒な尿素に変換され、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として排出させることができるのです。 しかしオルチニンが足りないためにオルチニンサイクルが機能しなくなり、有毒なアンモニア量が多くなりオルチニンの効果が十分に追いつかなくなると、腎臓や肝臓もアンモニア処理に加わることになります。 オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、効率的にアルコールの分解や有毒物質の排出機能を高めてくれます。 このため、悪酔いを予防したり、アルコールが体に回るスピードを和らげる効果も期待できます。 もちろん、いくらオルチニンサプリを飲んでいても、飲み過ぎてしまうと、かえって肝臓の状態を悪くさせることになりますから注意してください。 どんな目的でオルニチンを摂取するかは皆が同じとは限りません。 でも、一般的なオルチニン摂取の目的は、肝臓の機能を強化することで、脂肪を燃焼させるということです。 アルコールの過剰摂取で数値が悪くなっている方、肝臓の働きが弱っている方や、スッキリと痩せたい方などには、最高の成分だと言えるでしょう。 肝臓は、全体の70〜80%が失われても、わずか半年で正常な状態に回復するほど高い再生能力のある臓器で、多少のダメージ程度ではこれといった異状もなく機能し続けます。 このため肝臓のダメージに本人がそれを自覚しないことも少なくなく、症状が現れるころには病気が進んでいることがとても多いため、これこそが肝臓が・沈黙の臓器・と呼ばれる所以ともなっています。 アミノ酸の一種には、ほかにもシトルリンとアルギニンがあり、ドラッグストアでもサプリメントを見かけます。 オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、オルチニンと他のアミノ酸を同じサプリに配合することもあります。 筋肉や筋力をアップさせたい、筋トレやエクササイズの好きな方にもおすすめです。 ただ健康になるためだけではなく、ダイエット効果や美容効果にも期待して、サプリメントでオルチニンを飲むという女性も、最近では増えているようです。 アミノ酸の一種であるオルチニンの主な効果は、肝臓の働きを補助することです。 アミノ酸はタンパク質を構成している物質で、そのアミノ酸の中でもオルチニンは特殊でタンパク質にならずに遊離した状態で体内に存在する遊離アミノ酸からできています。 遊離アミノ酸は血液の中に存在しています。 そして、身体の中をまんべんなく巡り、すべての臓器の機能を補助しています。 適量のオルチニンを摂取すれば、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを防いでくれるのです。

関連記事はコチラ

メニュー