オルニチン,腎臓病,しじみ

オルニチンは腎臓病に効果があるようです
オルニチンと腎臓病を知る為の情報を求めているなら、オルニチンと腎臓病についてご案内している当ホームページをご覧ください。本当に貴重なオルニチンと腎臓病の情報を、どんなウェブページよりも詳しく見ていただくことができます。
  • HOME >
  • オルチニンというのはアミノ酸の一種

オルチニンというのはアミノ酸の一種

オルチニンというのはアミノ酸の一種で、肝機能を補助する働きがあります。 私たちの中にあるタンパク質はアミノ酸によって構成されていますが、オルニチンはアミノ酸でも特殊でタンパク質を構成することのない体内の遊離アミノ酸が元になっています。 この遊離アミノ酸というのは血液中にあるアミノ酸です。 そして、全身を巡ってさまざまな器官を正常に保つ働きをしています。 ですからオルチニンを取り入れれば、肝機能を強化することによって、悪酔いなどを防いでくれる効果があるのです。 オルチニンサイクルが起きる結果、アンモニアの解毒と尿素への変換が行われて、肝臓に余計な負担をかけることなく尿として体外に排出できます。 しかし、オルニチンが不足し十分なオルチニンサイクルが起きず。 アンモニアの量が多くなりオルチニンの働きが追いつかなかったりすると、腎臓・肝臓がアンモニアを解毒するため、かなりの負担がかかってきます。 オルニチンと聞いてどんな思い浮かべるイメージはいろいろだと思いますが、多くの人がオルチニンに期待していることは、体全体の代謝力を上げることによって、脂肪を燃焼させるということです。 アルコールの過剰摂取で肝臓の数値の悪い方、肝機能の低下で疲れやすくなっている方、スッキリと痩せたい方などには、最適の成分ではないでしょうか。 肝臓という臓器は、70〜80%近くが切り取られても、半年後には元通りに回復しているほど回復力が強いため、ある程度のダメージを与えられてもこれといった異状もなく機能し続けます。 その結果、肝臓の異変にそれに本人が気づくことが難しく、症状が現れるころには病気が進行した状態となっているケースも多くあり、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。 オルチニンには適性な摂取量があり、その目安は1日あたり500mgから1000mgほどと言われています。 500mgから1000mgというとかなりの幅だと思われそうですが、これは個体差に対応するためです。 人によって身長・体重は違いますし、内臓の処理能力も異なります。 適正量を知るためには、服用する量を_日変えながら、ちょうど良い量やタイミングを見極めるのがよいでしょう。 肝臓ではオルニチンサイクルの他に、TCAサイクルという働きも行われます。 TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで行われる代謝回路で、タンパク質のほか、脂質や炭水化物からATP(アデノシン三リン酸)を作り出すものです。 人間の筋肉はこのATPによって動いていて、まさに人間の命を支えている物質です。 アンモニアの機能は、このTCAサイクルを阻害することがわかっています。 オルチニンサイクルというのは肝臓内で発生する機能で、アルコールの分解と同時に、発生するアンモニアを解毒する作用もあるため、抜群のアルコール処理効果を期待できます。 オルチニンサプリを飲む目的がここにあるなら、もちろん、先にサプリを飲んでからお酒を飲みましょう。 最低でも、完全に酔っ払ってしまう前に飲むべきです。 後は眠っている間にアルコール分解が、滞りなく速やかに進みます。 身体の中ではオルチニンは作られないため外から取り入れなくてはなりません。 ですが食物から必要十分な量を取り入れるには膨大な量の食事が必要になります。 オルチニンサイクルを十分に機能させるために必須のオルチニン量は個人差がありますが、だいたい1日あたり400mgが基準です。 これをしじみに含まれるオルチニンで補うには、1日あたり1000個以上のしじみを摂らなくてはなりません。 オルニチンは肝臓の働きを助けてくれるため、アセトアルデヒドの分解やデトックス能力も高まります。 このため、悪酔いを予防したり、酔いが回るのを遅くしてくれるといった効果を期待することができます。 もちろん、いくらオルチニンサプリを飲んでいても、飲み過ぎてしまうと、逆に肝臓の機能を悪くさせることになりますから注意してください。 他にも、シトルリンとアルギニンというアミノ酸もあり、サプリメントとしても人気があります。 オルチニンは成長ホルモンの分泌を促すことでも知られていて、オルチニンも他のアミノ酸と一緒のサプリに配合されることがあります。 このため筋トレをしている、トレーニング中の方にも有効です。 健康の維持や増進に加えて、ダイエット・美容・美肌に良い効果・効能を期待して、オルニチンサプリを飲む女性も、最近では増えているようです。

関連記事はコチラ

メニュー